事業内容

耐火被覆工事

耐火被覆とは
  • 鉄骨造の骨組を火災の熱から守るために、耐火・断熱性の高い材料で鉄骨を被覆することです。
  • 建築基準法上、鉄骨造は一定基準の耐火被覆をすることで耐火構造とみなされます。
耐火被覆の必要性
  • 鉄は建物の構造部材(柱、はり等)に幅広く使用されています。
  • 鉄は燃えないが、高温になると飴のように曲がってしまい、強さを失います。
  • 火災による高温から、構造部材としての鉄を保護する必要があります。
巻付工法イメージ 吹付け半乾式イメージ1 ケイカル板イメージ2

施工可能な方法

  • 巻付工法
  • 吹付け半乾式
  • ケイカル板

防音・断熱工事

私たちは生活環境の向上のため、働きやすく、そして静かな住まいづくりを目指しています。

マンション、複合施設、多目的ホール、工場、一般ビル等の断熱・騒音対策の一環として
グラスウール製品を施工の段階で、プランニングからクリエイトし、より良い環境づくりに貢献しています。

ダンネックス吹付工事イメージ グラスウール断熱工事イメージ グラスウール防音工事イメージ

施工可能な方法

  • ダンネックス吹付工事
  • グラスウール断熱工事
  • グラスウール防音工事